ひげ脱毛は痛い?耐えれる痛みなのか教えて・・・

ひげ脱毛のポイントとして、激しい痛みを伴うことがいわれています。
ひげ脱毛をしたいいと思っている男性は多いようですが、
時間がかかることや痛みがあることがネックになっている場合が多いようです。

 

それでは、どれくらいの痛みがあるのでしょうか?

 

ひげ脱毛するときにはいくつかの脱毛方法がありますが、脱毛方法によって痛みの感じ方は異なるのかは気になりますね。
脱毛方法による痛みの違いについても見ていきましょう。

 

ひげの永久脱毛をしたいという人におすすめするのはニードル脱毛です。
ニードル脱毛は1つ1つの毛穴に針を挿入して通電することで脱毛する方法ですが、
毛根を確実に破壊しますので永久脱毛効果は高くなります。

 

しかし、ニードル脱毛は痛みが激しい脱毛で、ひげに限らずどこを脱毛しても痛みがあります。
そんなニードル脱毛でひげ脱毛をするのは、非常に激しい痛みを伴います。
とても耐えられないとやめてしまう人は最も多いでしょう。

 

次にレーザー脱毛でひげ脱毛をする場合ですが、レーザー脱毛機は出力が高いため、
ニードル脱毛ほどではありませんが、激しい痛みを感じます。

 

痛みのたとえとして、ゴムを弾いたような痛さと表現されることがありますが、
ひげ脱毛は毛の質もあり、その程度の痛みではおさまらないようです。

 

エステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛方法は
、フラッシュ脱毛やIPL脱毛といわれる光を使った脱毛ですが、レーザー脱毛より出力も弱く、
痛みとしてはニードル脱毛やレーザー脱毛と比較すると最も弱いといえます。

 

とは言っても、ひげ脱毛で痛みを感じないことはありません。
また、出力が弱いと脱毛効果も表れにくいことになり、なかなかひげ脱毛が完了しないこともあります。

 

ひげ脱毛は痛みがあるといわれますが、痛みの感じ方には個人差があります。
脱毛はその人の毛の太さや濃さなどの質によって、脱毛効果の表れ方や痛みの感じ方が異なります。

 

ひげ脱毛でもその人のひげの質によって、それほど痛みを感じない人もいます。

 

ですから、まずは体験をしてみるのが一番です。